自転車活用推進研究会


思いやり1.5m

ステッカー、マグネットシート頒布ページ


思いやり1.5m運動とステッカー、シートについて

クルマ側に自転車を認識してもらう運動が世界的に起きています。2015年11月から愛媛県で始まった「おもいやり1.5m運動」を日本中に拡げるため、伊豆の民間団体が愛媛県の了解を得て、マグネットシートとステッカーをつくりました。これらのシートはクルマの後背部に掲げるもので、自分の運転を再認識するとともに、追随するクルマに呼びかけることを企図しています。「Baby in Car」などと同じく、マナーとモラルに訴えるためのもので、義務も法的根拠もありません。クルマを所有している人に貼っていただくと同時に、家族、友人知人にもお呼びかけいただきたいのです。車道上の自転車通行位置明示も増えてきました。ドライバーの意識改革の環境は整いつつあります。もう一押し、ご協力をお願いいたします。

NPO自転車活用推進研究会・小林成基

頒布のご案内

自転車活用推進研究会では、クルマのドライバーに自転車を意識してもらう動きをより確かなものにするため、思いやり1.5mマグネットシートとステッカーの頒布を始めることにしました。このページの下の方にあるフォームに必要事項を記入の上、送信された方に、ご指定のマグネットシート・ステッカーと、ゆうちょ銀行の払込取扱票をお送りします。届きましたら、お手数ですがゆうちょ銀行から代金をお振り込みください。

申し込み

すべて必須項目です。

お選びください。

イラストの縮尺はそれぞれ異なっています。サイズ表示をご確認ください。現物の色は画面上でご覧になっているものと異なる場合があります。

A=ステッカー(シール)4枚組み(1000円)
B=縦型マグネットシート(1000円)
C=横型マグネットシート(1000円)
D=A・B・Cのセット(2500円)
お名前
メールアドレス(半角英数字)
電話番号
ご住所
  -  
都道府県

(ビル名)
自転車活用推進研究会の会員かどうかを選んでください。